施工中の仮住まいはどうやって決まる?

仮住まいを準備しておこう

身近な知り合いの家に行く

信頼できる知り合いに頼もう

周囲に頼れる知り合いがいるなら、リフォームをしている間の仮住まいとして居候できないか聞いてください。
可能であれば、わざわざホテルや賃貸を探す必要がなくなります。
仲の良い知り合いであれば、普段と異なっている生活がストレスになることも無いでしょう。
知り合いと話し合って、賃料が必要か決めてください。

こちらはお世話になる立場なので、賃料を支払う意思を持ちましょう。
ですが相手が、賃料をいらないと言うかもしれません。
その場合は、代わりに家の家事を手伝ったり、お礼の品物をあげたりしてください。
礼儀を無くすと、これからの人間関係が悪化します。
また、急に押し掛けることは絶対にしてはいけません。
事前に相談しましょう。

短期間だけ場合に使われることが多い

いくら仲の良い知り合いでも、長い期間家に滞在することは控えてください。
基本的に1週間以内の、短期間の滞在をする時に知り合いを頼りましょう。
1週間以上居候すると、相手に迷惑だと思われます。
相手は遠慮して、迷惑だとハッキリ言わないかもしれません。
こちらが察してください。
リフォームの内容をまずは確認して、3日程度で終わる場合は知り合いに相談しても良いでしょう。

また、大人数で居候するのもおすすめできません。
多くても2人までが限度だと思います。
相手に迷惑を掛けないよう、気を付けて居候してください。
短期間だけの居候であれば、賃料も必要無いと言ってくれる知り合いが多いと思います。
お金に余裕がない人にピッタリです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る